HOME > 小菅村源流親子留学 > 小菅村の特色ある教育活動について

小菅村源流親子留学

小菅村の特色ある教育活動について

小菅村の教育目標は『確かな学力の定着とたくましく心豊かな児童生徒の育成』です。小菅村の小中学校は小学校1校(児童数25名)・中学校1校(生徒数15名)と小規模校ですが児童生徒は少人数だからこそできる一人ひとりの個性を生かした、きめ細かな教育を享受しています。また、地域の温かさも小菅村の魅力です。村には村の大人が中心となって小菅村でしかできない体験事業を子どもたちのために企画実施している「小菅人を育む会」という団体などがあります。村の自然を活かした体験学習や四季折々の諸行事を通して源流文化を学ぶことができ、都会では味わえない貴重な学習の場が広がっています。
小菅村には、子どもたちの将来の人間形成にとってかけがいのない教育の場が存在しています。

ポイント!小菅村の教育活動ここが自慢!

  • 小・中学校共にどんなに少人数であっても複式学級を実施せず、一学年一教員を維持しています。
  • 少人数だからこそできる学力向上に向けたチームティーチング授業、人間性を育む総合的な学習が実践されています。
  • 学力向上を目指す子どもたちを後押しする各補助金制度が充実しています。
    例)各種検定料補助金
    民間の検定(漢字検定・英語検定ほか)の受験料を村で全額負担します。
  • 世界へ羽ばたく子どもたちの育成のため、英語授業が充実しています。
    例)小中連携教育により、中学校英語教員や外国人英語教員が小学校で乗り入れ授業を実施しています。
    中学校の修学旅行はホームステイを含むオーストラリア修学旅行(5泊6日)を実施しています。
  • 小中学校とも教材費、修学旅行費、校外学習費等大部分を公費で賄っています。
  • 学校給食は村の食材を使った安全・安心のおいしい出来たて給食を配給しています。
  • 「子どもは村の宝」小菅村ならではの自然体験事業や地域の見守りの中、子どもたちの心を育てます。
  • 源流の川を学ぶ体験授業『源流体験』の様子
  • オーストラリア修学旅行の様子
  • 普段の授業風景(現在一学年5名程となっています)
  • 地域のお年寄りをお招きしての文化祭の様子
  • 小菅小学校
  • 小菅中学校

学校の様子は各ホームページのブログのページをご覧ください。

守ろう水のふるさと小菅村 ふるさと納税制度

小菅村源流親子留学

NPO法人多摩源流こすげブログ

こ、こすげぇー

タイニーハウス

タイニーハウス小菅デザインコンテスト

小菅村ネットショップ