HOME > くらしの情報 > 教育委員会 > 小菅村の文化財について

くらしの情報

教育委員会

小菅村の文化財について

小菅村の文化財を紹介します。
村では国の重要文化財に指定されている「長作観音堂」のほかにも村で指定をしている文化財があります。
美しい自然に囲まれた小菅村ならではの文化財をご紹介します。



  • 長作観音堂(国重要文化財)
 長作観音堂.jpg
 現存する建物は様式の上から鎌倉時代のものと推定されています。昭和21年11月29日に国宝に指定されましたが、法改正により昭和25年8月29日には重要文化財となりました。古くから口伝秘話の由来があり、安産の守り神として信仰され、近隣の市町村からも、多くの人々が参詣に訪れています。

  • 木造如意輪観音坐像(村指定有形文化財・彫刻)
 本像は長作観音堂の本尊として祀られています。平安時代の如意輪観音の伝統を伝える鎌倉時代前期の作と推定され、観音堂とともに地域の古い歴史を伝える貴重な尊像です。地元の小菅村長作地区の人間が見ると目がつぶれると言い伝えられており、写真などはほとんど残されていません。

  • 小永田神代神楽(村指定無形文化財)
小永田神楽.jpg  小菅村小永田地区に明治期より伝わるこの神代神楽は芝居・歌舞伎と結びついた演劇性の高い神楽です。ほかの太々神楽にはみられない特有の演目・幕があり、県下唯一の神代神楽となっています。



  • 御鷹の森(村指定天然記念物)

長作 御鷹の森.jpgのサムネール画像
 小菅村長作地区にある御鷹神社境内の自然林です。モミ・ケヤキ・ナラなどの巨木がまとまっており、境内には石碑も多くあり、同地区にある長作観音堂との関係も深い貴重な森です。



  • 村指定天然記念物 巨木


 小菅村には永きわたり豊かな自然の中で育まれた巨木が存在しています。県下でも有数である巨木を紹介します。


ケヤキ(東部地区御岳神社境内)
東部御岳神社 ケヤキ.jpg   

コナラ(小永田地区熊野神社)

小永田熊野神社 コナラ.jpg


スギ(東部地区大成神社) 
大成 スギ.jpg


ヤマグルマ(中組地区山沢入り地内)

IMG_6775.JPG

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧頂くためには、AdobeReader(無償)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償ダウンロードできます。

お問い合わせ

担当課:教育委員会
TEL:0428-87-0111
FAX:0428-87-0933